♦ 2023年度配属者向けに以下の通り研究室説明会を行います。 個別に説明や見学をご希望の方は随時面談対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

高い性能、信頼性を有するターボ機械システムは、流体だけではなく、トライボロジー、振動、構造、材料、制御、パワエレ、伝熱、加工、品質工学 などの要素技術の集大成により開発されます。
流体技術を核とした要素技術を、ターボ機械の研究開発を通して構築していきます。
世界のリーディングラボラトリーや産官学の共同研究などを通じて、輸送、エネルギー、インフラを支えるターボ機械システムへの技術貢献を今後も進めていきます。

 

 


 お知らせ

2023年度 配属向けに以下の通り研究室説明会を行います。

・12/12(月) 2限 10:40~12:10(対面@63-422・実験場見学有)
・12/15(木) 3限 13:00~14:30対面@63-422・実験場見学有)
・12/21(水) 5限 16:30~18:00(対面@63-422・実験場見学有)

上記日時以外での説明や見学などを希望する場合はお気軽にお問い合わせください。


2022.11   
「日本機械学会 第100期流体工学部門講演会」学会発表 & 受賞報告
11月12~13日に熊本大学にて「日本機械学会 第100期流体工学部門講演会」が開催され以下2名が発表を行い、
修士2年 永田 駿介さんが受賞しました。

・小林 大和 「流体構造連成を用いたティルティングパッドジャーナル軸受における内部流れ及び軸受け特性」
・永田 駿  「逆解放手法と数値流体力学を用いたフランシス水車ランナの最適化設計」
 
若手優秀講演フェロー賞  永田 駿介 2022年11月13日